English

日本語

中文

한국어

 

 

whatsnewjajapanjachinajakoreajataiwanjahongkongjaaboutja

 

日本

What's new?

現在、本頁では、パブリックコメント募集期間中の情報及び環境関連等の規制については掲載しておりません。ご要望に応じご提供致しますので、お手数ですが次のアドレスにご連絡下さい。

サービスの種類及びご利用方法について

会員サイト

連絡先: 柴 操 E-mail:mshiba@jcr-link.com

   
2018年4月16日
  化審法
 

「新規化学物質の判定及び監視化学物質への該当性の判定等に係る試験方法及び判定基準」の改正版が公表されました。

   
2018年4月6日
  安衛法
 

法施行令の一部を改正する政令及び石綿障害予防規則等の一部を改正する省令が公布されました。

   
2018年4月4日
  医薬品医療機器等法
1.

「殺虫剤指針2018」が公表されました。

2.

「殺虫剤効力試験法解説」の改訂版が公表されました。

   
2018年4月3日
  化審法
  次の通知が公表されました。
1. 特定新規化学物質(法第4条4項)の判定基準
2. 「新規化学物質の審査等に際して判定の資料とする試験成績の取扱いについて」の一部改正
3. 有害性情報報告運用通知の改訂版
4. 法律運用通知の改訂版
   
2018年4月2日
  安衛法
  有害性がない旨確認された新規化学物質の名称が公表されました。
   
2018年4月2日
  化審法
1. 監視化学物質の指定又は指定の取り消し、及び優先評価化学物質の指定について公示されました。
2. 「新規化学物質等に係る試験の方法について」が一部改正されました。
   
2018年3月31日
  化審法
  次の省令又は告示が公布されました。
1. 「PFOS又はその塩が使用されている消火器等に関する技術基準省令」の一部を改正する省令
2. 「新規化学物質名称公示省令」の一部を改正する省令
3. 「施行令9条一号から三号で規定される製品(PFOS関連製品)に係る技術基準省令」を廃止する省令
4. 「試験項目省令」の一部を改正する省令
5. 「届出不要物質」の一部を改正する告示
6. 「PFOS又はその塩が使用されている製品による環境汚染防止措置等に関し表示すべき事項」の一部を改正する告示
7. 「第二種特定化学物質が使用されているものの環境汚染防止措置に関し公表する技術上の指針及び当該物質による環境汚染防止措置等に関し表示すべき事項」の一部を改正する告示
8. 優先評価化学物質の指定を取り消す告示
9. 「試験項目省令に基づき大臣が定める試験」の一部を改正する告示
   
2018年3月31日
  道路法
  「危険物を積載する車両の水底トンネルに類するトンネルの通行を禁止又は制限する件」が公示されました。(新規水底トンネル、禁止物質、制限物質、制限要件等の公表)
   
2018年3月28日
  安衛法
 

- 新たに登録された新規化学物質のリストが公表されました。

   
2018年3月22日
  化審法
  「「既に得られているその組成、性状等に関する知見」としての取扱いについて」の改訂版が公表されました。
   
2018年3月20日
  化審法
 

次の文書が公表されました。

- 「副生第一種特定化学物質を含有する化学物質の取扱いについて(お知らせ)」の改訂版

- 「「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律の運用について」の改正に関するQ&A」の改訂版

- 「第一種特定化学物質の輸入通関手続における事前確認制度の廃止について」(事前通知)

   
2018年3月12日
  化審法
  「有害性情報報告省令」の一部を改正する省令が公布されました。
   
2018年3月6日
  化審法
  「低懸念高分子化合物の基準」の一部改正に係る告示が公布されました。
   
2018年2月21日
  化審法
 

1.法施行令の一部を改正する政令が公布されました。(第一種特定化学物質追加等)

2.改正化審法概要に関する説明会資料が公表されました。

   
2018年2月15日
  海洋汚染防止法
 

船舶の通常の活動に伴い生ずる廃棄物のうち船舶からの排出が禁止されるものについて、GHS分類で発がん性等の4種の危険有害性クラスに分類される廃棄物が新たに追加されます。

また、荷送人は関連資料を船長に提出する義務が課されます。(法第十条第二項第三号関連)

   
2018年2月2日
  電気用品安全法
 

「電気用品の範囲等の解釈について(通達)」(平成24・03・21商局第1号)改正予定:

ポータブルリチウムイオン蓄電池が法の対象となります。平成31年2月1日以降は、技術基準等を満たさないものの製造・輸入及び販売が禁止されます。

   
2018年1月31日
  安衛法
  クロム酸及びその塩(特定化学物質)の適用に関する通知が公表されました。
   
過去情報アーカイブ  管理者メモ